イスピーナ丘陵での出会い

「ここがイスピーナ丘陵かぁ」
「はい。新参の魔物使いが、必ず向かう場所なんですよ」
前回の反省を生かし、道に迷わないようにしようと
魔物使いの一行に着いてきて正解だった。
「そこまで強い魔物たちがいるわけでもないので、歩きやすいんです」
「そうなんだ、それなら…」
この先は迷うこともないかなと、魔物使い達に別れを告げて丘陵一帯を歩いてみる。
穏やかな風にそよぐ色とりどりの花に、
岩肌と新緑のコントラストが美しい、遥か続く曲線の丘。
何だか散歩にでも来たような気分にすらなる程に、その景色は美しい。
「♪♪♪~」
口笛を吹きつつ丘を登っていたその時――
「やめて、来ないでってば!」
岩陰の向こうに幼い少女の声が聞こえてくる。
「んんっ?」
声のした方へと向かってみると、
「待て!逃げんじゃねえ」

挿絵1

「やだやだっ、来ないで…」
「大人しくしてりゃ、高値で売ってやる」
ナイフを手にした盗賊が、フェアリーを襲っている光景を目の当たりにする。
(急いで助けなきゃ…)
けれど、あんな鋭いナイフを持った奴に敵う力なんてもちろん無い。
ちょうどその時、すぐそばにぷるぷるとした物体が転がっていることに気づく。
――確かこいつ、魔物使いたちに「ゼリー」とか呼ばれていたか?

1/
ひとつ戻る